OPENまでのこと その1

小さなお店ですが、ここに出来上がるまでには

時間以上に深い模索?がございます。

こんな風にお店として見える形に出来上がるまでの記しです。

自分とかかわりのあるかたとのつながりが ほぼすべてです。。。



もともと、建築をすることにあこがれていました。

子どもの頃は、間取や建物の絵ばかり描いていました。

テストの時もオモテをさっさと終えてウラ!に

間取や鳥瞰図ばかり描いていました。

いつか、自分で設計して建てた家(というより隠れ家)に

ひっそりと住むのがゆめでした。


今回ご縁のあった代々木の物件は、

手ごろな小ささでガラス張りの見通しの良い物件でしたが、

床が細かいまだら模様のCF(クッションフロアというビニール製の少し弾力性のあるシー

ト)、壁はビニールクロスでした。

おまけに出入り口は自動ドア。

なにも、不自由はないのかもしれませんが、

私にはそこからの店作り・・・イメージできない空間でした。

なんとか、工夫して、でもあまりいろいろな無駄の無いようにしたいと考えました。


そこで、自分でできること・・・それはなんだろう?

働きの鈍めの頭をグルグル回転させて、出てきた答えは

資材や建材を探すこと と 備え付けてもらったものを仕上げ、完成させること!!

そして、しばらくは資材と建材、そして、いろいろな工事に融通の利く工務店さんを「探すこと」に

専念しました。


コストを抑える必要があるけれど、どうしても譲れないところ

がありすぎました。


まずは、国産杉の無垢の床板、床板の幅、ドア、ドアノブ


・・・なかなかピンとくるものに出会えませんでした。

この時はほんとうに形に見えない作業ばかりで・・・一番長く感じ、苦労しました。

ショールームや建材ショップ、ホームセンターにも行きました。


思いに近いものにやっと出会えたのが約10日後です。

国産杉無垢材、ドアをそれぞれ専門に扱う会社をインターネットで見つけました。

早速、発注しました。こんな大きな買い物をインターネットで初めてしました。

e0156222_125013.jpg

ドアのノブは 真鍮のものを アンティークショップ『蔵の中』さんで分けていただきました。

『蔵の中』さんとはそれからのご縁で、古民具などの什器も分けていただいています。


また、あちこちの リフォーム業者、店舗専門のインテリアデザイン会社、工務店に

見積もりをしてもらいました。

そして、備え付け仕事は職人気質な工務店さんに頼み、いろいろ無理を言って

あれこれ作ってもらいました。

最初は 「今時、無垢材なんて~」とおっしゃっていました。

しかし、日に日に(カンネンされたのか?)いろいろ工夫をしてくださって、

床材のはり方も いちいち こちらの要望を聞いてくださって

きもちのいい 床に仕上がりました。

そして、職人さん自身も『本当の木はいいもんだな~』とおっしゃっていました。


それから、思いつきで、予算内で南の壁に一つ小さな窓をつけてもらいました。

はきだしを長めにしてほしい なにかを置きたいので・・・と窓を見上げながら言っている上で、

「え・・なんだって?」とケゲンな顔をしながらも、

最後にはちゃんと丁寧に作ってくださりました。

e0156222_1135185.jpg



床や窓枠、ドアには 自然塗料のワックス(ターナー社のESHA)を塗りました。



ラベンダーの香のする気持ちのいいものでした。

色を渋いアンティークな風合いに仕上げたりするのには、色数の豊富な

BRIWAXも蔵の中さんに紹介してもらい、作った棚や無垢板に塗り、什器にしました。


それにしても

日々、手伝ってくださるPIOさんとサクラさんがいてくださってほんとうに楽しく嬉しく♪

どれだけ心たくましかったことでしょう。  をクリックして見てください→



その他の什器や棚などは 初オークションでも買いました。


e0156222_129370.jpg


いろいろな出会いのおかげで

充実したもの、充実した方々にめぐり会えたことをほんとうに嬉しく思います。

感謝。。。
[PR]
# by atelier_mominoki | 2008-11-05 01:31 | ぽそぽそ

『おはなやさんですか?』


開店当時、たくさんの方がお花を贈って下さりました。


あまりの華やかさに圧倒され、道行く方が

思わず立ち止まって見入ったり、

思わず店の中まで入ってきて(嬉しいですが・・・次の瞬間)

『あれ、お花屋さんじゃないの?!』

『この鉢がほしいわ』

『この花の名前はなに?ステキだわ』


真剣に植物についてのお勉強をしよう・・・!と思ったモミでありました。

e0156222_23312394.jpg
e0156222_23183378.jpg
e0156222_23324381.jpg
e0156222_23364422.jpg

e0156222_23192659.jpg

e0156222_2311109.jpg
e0156222_2312233.jpg

e0156222_237986.jpg

写真はほんの一部です。

美しい お花を贈ってくださり、どうもありがとうございました。
[PR]
# by atelier_mominoki | 2008-11-04 23:53 | ぽそぽそ

こぎん

もともと この アトリエを作るきっかけとなったのは

津軽こぎん にあこがれて です。

いろいろな こぎんがありますが

すこしずつ、紹介していけたら と思います。

いま、もみの木 で紹介しているのは

弘前こぎん研究所で 直接見て触って 惚れて・・・

やってきたものばかりです。

e0156222_2361412.jpg
e0156222_2365810.jpg
e0156222_238043.jpg
e0156222_239356.jpg


かつての定番、

藍染の麻に白の木綿糸 もいいですが

このような 色合いも すてきです。
[PR]
# by atelier_mominoki | 2008-11-03 02:41 | ぽそぽそ

第一回 ワーク

『素焼きにデコ』

デコペーパーという技法を教えてもらいました。

ホーム・ガーデンペイント という絵の具は

従来のアクリル絵の具と違い、

空気と水を通す

絵の具です。すごい!


思い思いの 色やペーパーをほどこして

あっという間に 出来上がりました。

絵が苦手な方も

気に入ったペーパーの柄を選んじゃえば

思いのままに 仕上がります。

e0156222_1521837.jpg





プランター、キャンドルホルダー、ペン立て などにも

よさそうです。

e0156222_1541692.jpg

e0156222_1553558.jpg

[PR]
# by atelier_mominoki | 2008-11-03 01:56

新宿からも代々木からも・・・


e0156222_22433436.jpg

もみの木 が店の前にあります。
どうぞお気をつけていらして下さい。
・・・お待ちしております。

e0156222_19535877.gif
*電車では*
JR新宿駅・・・南口か西口から西に徒歩9分
JR代々木駅・・・代々木小方面徒歩9分
都営新宿線・・・出口6から徒歩5分
小田急南新宿駅・・・代々木小方面徒歩4分

*車では*
甲州街道、JR新宿駅西口から西方へ歩き、
文化服装学院手前の交差点を南に入って住宅街の中です。
専用Pはありませんが南隣がコインパーキングです。


〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-39-1

電話とFAX:03-6276-2665
atelier_mominoki@excite.co.jp
http://ateliermominoki.chagasi.com/

アトリエ もみの木
[PR]
# by atelier_mominoki | 2008-11-03 01:37

thanks…♪ 2017*  


by momi
プロフィールを見る
画像一覧